【肥薩線めぐり】大隅横川駅~機銃掃射の弾痕が残る駅~

大隅横川駅とは 嘉例川駅と並び、鹿児島県最古の駅です。明治期の建築様式を伝える貴重な建築物として、登録有形文化財になりました。駅舎の柱には二次大戦中の機銃掃射により、銃弾が貫通した柱がそのまま残されています。 大隅横川駅と同時に建設された嘉例川駅も関連が深い駅です。よろしければこちらもご覧ください↓↓ https://ibuki.allot.jp/archives/1008 大隅横川駅の歴史 ● 1903年(明治36年)1月15日 開業横川駅として開設されました。● 1920年(大正9年)9月1日 大隅横川駅に変更● 1945年(昭和20年)7月30日 空襲により被災空襲により周辺一帯が焼け野原になりました。ホームの柱の弾痕はこのと…