Page 2

並べ替え
プルアップとプルダウンなぜ必要?違いは?
INDEXプルアップ・プルダウンとはデジタル回路はHとLだけじゃない?プルアップ・プルダウンの目的は?1. マイコンのIO入力の安定化2. オープンコレクタ/オープンドレーン出力(センサ・スイッチなど)の安定化3. ノイズ対策4. 一定の電流を流し続ける作用活線挿抜への対応まとめプルアップ・プルダウンとは どちらも信号...
【Arduino】シリアルモニタ経由でEEPROM(24FC1025)を読み書きする
前回記事にて、24FC1025をArduino で動かすところまで持っていくことができました。今回は、このライブラリとArduinoを活用して、シリアルモニタ経由でEEPROMを自由に読み書きできる装置を作ってみたいと思います。 前回記事はこちら↓ INDEX既存ライブラリの問題点シリアルモニタ経由のRead/Writ...
薪ストーブ炉台を自作する(3)
前回までに薪ストーブ炉台のベースとなる木枠を作り、次の段階としてレンガの加工に入りました。直線のカットならタガネでも辛うじてできたのですが、斜めカットはどうしてもうまくいきませんでした。そこで、秘密兵器の導入です。 ディスクグラインダーを導入! とうとう買ってしまいました。ディスクグラインダーです。グラインダーは円盤状...
薪ストーブ炉台を自作する(2)
木材で炉台の枠を組んでいきます。角材・合板はホームセンターのカッティングサービスを利用したため、かなり高精度に仕上がっています。 カットされた断面を見たときは感動しました。ツルツルです。ここまで木材ってきれいに切れるものなのですね。誤差は±1mm程度でした。 INDEX枠の組み立て合板の貼り付けレンガのカット作業枠の組...
ArduinoでEEPROM(24FC1025)を使ってみる
電源を落としてもデータが消えてほしくないときに使うEEPROM。Arduinoには標準で搭載されていますが、その量はわずか1KBしかありません。1KB=1024バイトなので、英数字で千文字ちょっとです。 微量なりになにかと使い道がある便利な機能ですが、今回はもっとたくさんのデータを保存しなければならない機会があったので...
薪ストーブ炉台を自作する(1)
キャンプで薪ストーブを導入しようと、ホンマ製作所「黒耐熱 窓付時計型薪ストーブ ASW-60B」を購入しました。到着をワクワクして待っていたのですが、実際に届いてみると想像以上に大きく、キャンプに持っていくには少々骨の折れるシロモノでした。(もちろん購入前に寸法をよく確認しなかった私が全面的に悪いのです) このままお蔵...
ドライ接点とは?ウェット接点とは?
どちらも信号出力の方式を示す言葉です。どちらの方が優れているというものではなく、場面に応じて使い分けます。 INDEXドライ接点とはウェット接点とはドライ接点のメリット・デメリットメリットデメリットウェット接点のメリット・デメリットメリットデメリットメリット・デメリットのまとめドライ接点とは 出力がONされても接点に電...
フリーランス名刺をようやく作成
フリーランス活動を始めて2年。とうとう個人の名刺を作る時がきました。 ココナラやCloudWorksのシステム上でのみ仕事を請け負っていれば名刺は不要ですが、契約前後で「直接会って話したい」というお客さんも少なくありません。これまで、お客さんと直接会うこともありましたが、なんだかんだ名刺がなくても何とかなってきました。...
hostapdでラズパイをアクセスポイントにする
ラズパイとラズパイをWi-Fiダイレクト接続するという機会があったので、手順をメモっておきます。下記の手順は片方のラズパイに設定することで、もう片方のラズパイからはWi-Fi接続先をGUIから設定するのみ(無線LANルータに接続する手順と同様)で接続可能です。 INDEXhostapdhostapdのインストールインタ...