フリーランスへの取り組み(2)~目標の根拠~

フリーランスへの取り組み(2)~目標の根拠~

好きなことを好きな時に好きなだけできるようになるため、まず第一歩として一年以内に毎月安定して5万稼ぐ目標を設定した。この5万という数字を設定したのは、引っ越して一人暮らししても、今の出費を維持できるようにするためだ。

寮生活の問題点

家賃という表現が正しいか分からないが、今は会社の寮に入っていて、家賃・水光熱費を含め、毎月19000円ほど払っている。これだけ聞くとめちゃめちゃ安いが、安いには安いだけの理由があって、

  • プライベートなスペースは六畳一間の一室だけ
  • 風呂・トイレ・洗濯機共同
  • ペラペラの扉を開けたらもう共通スペースの廊下
  • 築40年、畳がぼろぼろ

この辺りは学生時代から寮に住んでいたし、ストレスとは感じていなかった、私にとってキッチンがないのが最大のネックだ。小腹がすいた時に好きなものを作れないし、土日は外で食べるか、買ってくるしかない。料理が好きなので正直ここが一番ツライ。

それに会社の寮なので、人を部屋に呼んでパーティーをすることもできない。なんとつまらないのだろうか。もうこれは引っ越すしかない。

金の問題

うちの会社は独身に優しくないので、一旦寮を出たら結婚するまで家賃補助は一切ないなので、結婚するわけでもなく寮を出た人間は自由と引き換えに金を失う。(考え方によっては、金もないのだから自由すら失っているのかもしれない)

私は入社三年目で、全く残業をしなければ手取りは17万程度になる。いや、もっと少ないかもしれない。残業代ありきの賃金設定なのがよく分かる。そこから家賃で7万ほど差っ引かれる。水光熱費が差っ引かれる。携帯代、食費が差っ引かれる。

おや?全然手元に残らないではないか。これではせっかくの二十代が楽しくない。

毎月+5万の根拠

現在は寮に2万払っているとして、寮を出たらこれはそのまま手取りになる。すると7万の家賃を払おうとしたときに差額はおおよそ5万になる。携帯代、食費は今でも払っているので加味しない。水光熱費は4年目になるのでベースアップでまかなう。

若干マイナスになるかもしれないが、大きく今自由に使えている出費を維持できそうだ。でも、すぐにはこの金額に間違いなく到達しない。だからこそ、自分を追い込んで達成に少しでも早く実現に近づけるよう努力することにする。

続き↓

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)