マッピング関数 map()

任意の入力範囲から、任意の範囲の出力に変換する関数。入出力範囲の正負・大小関係によらず使用できる。ゲームやGUIなど低レイヤの実装によく使う線形変換。

output = input  \dfrac{out_{max}- out_{min}}{in_{max}- in_{min}}

入力最小値が in_{min} , 入力最大値が in_{max}, 出力最小値が out_{min} , 出力最大値が out_{max}とする。また、関数への入力値は input,出力値(返り値)は output.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)